【田中秀幸】2013年12月「太陽が一番優しい時間。」

田中秀幸様のスタジオ撮影です。

ひでさんとは、いつも「実験」を楽しむ感じで、黙々と撮影をします。カメラマン様の中では、撮影中の会話が一番会話が少ないかもしれません。

たくさんのストロボや機材があるスタジオで、「夕暮れ時の太陽」という照明を最大限に活かした撮影でした。

プロは、光を足し算しない。

引き算する事が出来る。

写真館に来るお客様は、幸せそうな家族写真や、または証明写真を撮りに来る人がほとんどだと思う。

ひでさんは、私の中ではかなり特殊。特別な存在。

撮影中は一番喋っていないけれど、撮影以外の時間では、一番会話した時間が長いカメラマン様だと思います。お互い、よく喋る方ではないのだけど。
その分、ぶつかる事も、怒る事も、避ける事も、泣く事もあるけれどね。

被写体「花咲トキ」

花咲トキ・・・イベント業・被写体・ブロガー・フードアナリスト・ライター・アーティストとしていろんな活動してきましたが、現在は会社員。 趣味でブログや被写体を続けています。 このホームページは 【「被写体」花咲トキ】としての写真置き場。

0コメント

  • 1000 / 1000